施主が色々な部分を指定可能

一軒家

堺で住宅を建てる際には、間取りやデザインなど色々な部分を決める必要があります。そして分譲住宅だとそういった部分は原則として、ハウスメーカーがあらかじめ決めたものを、建築後に購入する形です。けれど間取りもデザインも住み始めてからの生活に与える影響が大きく、細かな部分までこだわりたいという人もいるでしょう。そんな時に選択肢として挙げられるのが注文住宅で、色々な部分を施主側が指定することができます。その注文住宅は、法的に問題がない部分であればほぼ全てを指定できるフルオーダーと、ある程度形が決まっていて一部のみが変更可能なセミオーダーの2通りに分かれます。

セミオーダーかフルオーダーかを決める

女性

堺で注文住宅を建てる際にはまず、フルオーダーかセミオーダーかのどちらかをしっかり選ぶことが大切です。フルオーダーは使用する素材や間取りまで指定可能で個性を出しやすいですが、その反面コストが高くなりがちです。それに対してセミオーダーは、キッチンや浴槽などの場所が決まっていたり、複数の選択肢の中から決めたりします。いずれもメーカーの想定内で決定することになるため、コストを抑えやすいです。もしフルオーダーを選択しても、セミオーダーと同じような仕上がりになるのであれば費用の無駄になります。それとは逆にセミオーダーで妥協すると、将来的に後悔する恐れがあります。そのようなことにならないために、フルオーダーかセミオーダーかを決める場合は、住宅に対する希望をしっかりと叶えられることを重視しましょう。

知識の蓄えと打ち合わせが重要

一軒家

堺で注文住宅を建てる場合、施主には住宅に関する知識をあまり持っていない人も多いでしょう。そのような状態で色々なことを決めてしまうと実際に住み始めてから不便に感じる恐れがあるので、住宅に関するひと通りの知識はあらかじめ蓄えておいた方が良いです。特に生活のしやすさに直結することが多い間取りや収納、使用する素材はとても重要な部分です。また将来的に生活スタイルが変わるかもしれないのであれば、それにも合わせられるようにしなければなりません。さらに注文住宅にありがちな失敗パターンを、反面教師にするためにある程度把握しておくことも大切です。そして注文住宅はメーカーと打ち合わせをしながら色々なことを決めていくため、その時間の考慮も欠かせません。もし完成予定日まで時間がないからといって打ち合わせの回数を減らしたり短時間で切り上げたりすると、細かな部分までしっかり考えて決めることができない恐れがあります。そうすると注文住宅の強みが活かせないため、しっかり時間が確保できるように、打ち合わせは早めに始めておきましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中